カテゴリー: 商品説明

脇汗クリームを使用して夏を乗り切ろう

夏場は脇のニオイが非常に強くなるので、特に念入りにケアする必要があります。
汗をたくさんかくほど、雑菌繁殖が増えて体臭の原因となるのです。
ワキガ対策の基本は毎日の洗浄にあるため、1日1回は洗うようにしてください。
冷え性体質の方は汗がベタベタしやすいので、体を温めていくケアも必要でしょう。
1日15~20分の足浴をするだけで、ドロドロの血流が改善してきます。
足浴には毒素排出をする作用もあるので、ワキガに悩んでいる方にも最適なのです。
足浴によって発汗作用は高まりますが、毒素を排出することでサラサラの汗に近づいていきます。

ただ、それでも他の部位と比べてニオイの強い汗であることに違いはありません。
アポクリン汗腺から生じる汗は、他の汗と比べて3倍以上は強烈なニオイを発します。
夏場は薄着をするので特に体臭が気になりますから、脇汗を抑えていくケアも必要になるでしょう。
汗を抑えるには制汗作用のあるクリームを使用するのが好ましく、ワキガ専用クリームが好ましいです。
ワキガ対策に使えるクリームは、すそワキガや足の裏にも使用することができます。
脇汗を抑えることは最大の消臭対策になるので、発汗量を最小限にしていくケアが必要です。
毎日下着をチェックして黄色くなっている場合は、汗をたくさんかいている証拠です。
脇汗を減らすためには、1日2回のクリーム塗布がおすすめです。
1日1回だと十分な効果を発揮できないので、朝と夜に1回ずつ使用してください。

脇汗クリームはどのくらい効果的なのか

ワキガを根本的に治療するには手術しかありませんが、予防するだけでもかなりニオイを軽減できます。
実際にワキガ手術をしている方はごく一部であり、ほとんどの方はデオドラントだけで対処できています。
ワキガを治療するためにおすすめの方法は脇汗を抑えるクリームの使用です。
デオドラント用品は液体やスプレーが多いのですが、脇汗を抑えるタイプはクリームが主流となっています。
これはアポクリン汗腺の汗を抑えるためであり、通常のエクリン汗腺からの汗より頑固なのでより強力に抑える必要があるのです。
液体やスプレーは汗に弱いので、すぐに流れ落ちてしまいます。
その点、クリームは粘度があるので肌に密着し、汗では簡単に落ちません。
消臭時間を比べるとわかりますが、クリームのほうが2~3倍は持続してくれます。

効果的に脇汗を抑えるためには、生活の改善も必要になってきます。
自律神経が乱れていると、全身の発汗が多くなってしまうのです。
特に不規則な生活を送っている方は、ワキガのニオイも強くなると考えていいでしょう。
ワキガ体質を根本から治すことはできませんが、汗をかきにくい体質に変えることはできます。
ワキガの原因の8割は汗にありますから、汗を抑えればニオイは非常に弱くなります。
脇汗を抑えてくれるクリームには、優れた制汗作用があるのです。
入浴後に使用すれば、12時間程度は消臭効果が続いてくれます。
1日2回の使用をすれば、周囲に迷惑をかけないレベルまで消臭できるでしょう。

脇汗を専用クリームで抑えて消臭を

他の部位の汗と比べて、脇汗は非常にニオイが強いと感じることでしょう。
ワキガ体質ではなくても、脇はデリケートゾーンに匹敵するほどニオイが強い部位なのです。
他の部位よりもニオイが強いのでワキガ体質だと決め付けてしまう方が多いですが、日本人はワキガ人口が少ないです。
本格的に医療機関で治療する必要がある方はごく少数派であり、ほとんどの方は専用のクリームでケアすれば問題はありません。

脇汗を抑えるためには、ネット通販のワキガ用クリームの使用をおすすめします。
全身用のデオドラントだと、脇に対する消臭効果が弱いのです。
汗腺には2種類あり、ほとんどの汗腺はエクリン汗腺ですが、脇やデリケートゾーンはアポクリン汗腺が存在します。
アポクリン汗腺から発する汗はベタベタしており、黄ばみの原因ともなります。
大量に発汗するとかゆみも伴うため、就寝中に無意識に掻きむしってしまう方も多いのです。

ワキガ対策の基本は脇汗を抑えることであり、そのためにはよく洗浄してからクリームを塗ることです。
毎日ケアしているのにニオイが強いという方は、洗浄が不十分である可能性があります。
汚れを完全に落とさない状態でクリームを使用しても効果は半減してしまうのです。
よく洗浄してから脇をドライヤーで乾燥させて、それからマッサージするようにクリームを塗っていきます。
1分程度マッサージをすると血行が促進されるので、肌の新陳代謝を活性化させてニオイ成分を排出させやすくします。

塗ったところに汗をかかない。驚きの制汗力のAHCセンシティブ

20150706002

これからレジャーに仕事に一生懸命な人は、汗をたくさんかきます。
そんな時、やっぱり、ケアしたいのはワキの汗の臭いです。
このAHCセンシティブの最大の特徴は、「制汗力」です。
AHCセンシティブを塗らなかった部分は汗をかき、AHCセンシティブを塗ったところは汗をかかないという、はっきりとした差が現れるのです。

ところで、ワキ汗ケアの様な種類の商品の最大のネックは「塗りなおしの手間」ではないでしょうか。
一度塗ったのに、また汗が出る、一度塗ったのに、成分が流れて効き目がない等、の感想をもたれた方もいられると思います。
結局、一日に何度もスプレーしたという声も聞きます。
このAHCセンシティブは、「3日間塗ったら、1週間効果が持続した。塗りなおさずに済んだ」という声をいただいております。
このお客様の声から、AHCセンシティブを使用できる期間を概算すると、AHCセンシティブ1本でなんと半年も継続使用可能である計算になります。
今の時代、経済的な商品であることも重要かと思われます。
数日で使い切ってしまう商品では皆様に満足いただけないという考えから、長期使用できるAHCセンシティブを開発しました。

なぜここまで、「制汗力」を強く発揮できるのでしょうか。
実は欧米人は9割が日本で言うワキガの症状であるといわれています。
つまり、その欧米で開発されたAHCセンシティブは非常に強力な効果をもつわけです。
しかし、強力ならば、それだけ人体に危害があるのではないかと、不安な方もいるかもしれません。
ご安心ください。
植物エキスをたっぷり含んでいるので、まずお肌にとっても優しいのです。
加えて、製薬産業の技術が、世界でもトップレベルのスイスで調剤しているので、安全性を高いレベルで維持できています。
非常に高い制汗力にも関わらず、植物エキスでお肌に優しく、安全性も高いという3拍子を兼ね揃えたこのAHCセンシティブ、試して損はないと思います。

あの8×4ブランドから塗りやすいカプセルタイプのクリーム

これからの暑い季節に気になるのが、ワキの汗です。
しかし、今までの商品はスプレータイプなどが多く、スプレーすると、広く飛散したりして、使い勝手が悪いこともあったと思います。
またジェルタイプでもわざわざ、ふたを開けたり、チューブで出したりと、急いでいるときには、手間がかかりました。
そこで、今回あのワキのケアで、非常に有名な5年連続売り上げナンバーワンを誇る、8×4ブランドから、カプセルタイプでワキのケアができる商品が出ました。
カプセルの中にクリームが入っているタイプなので持ち運び楽々です。
小さなカプセルのフィルムをペリッとはがしていただき、クリームを手の圧力でプッシュ。そして、指で塗って、伸ばしていただくだけです。
でも、こんなに小さなサイズのカプセルに入っているクリームにもかかわらず、この商品の特徴であるワキへの「高密着」が実現されています。
それは、指の先にちょこっと乗るだけの量でも、非常に様々な成分を、含ませることに成功したからです。
その成分をご紹介しましょう。

まず、一つ目は制汗に非常に効力を発揮する「ACH(クロルヒドロキシアルミニウム)」を含んでいることです。
2つ目は天然の甘草から獲得した成分で、ワキの臭いの原因となる雑菌を処理してくれる「BGA(β-グリチルレチン酸)」を含んでいることです。
クリームだからべたつくのでは?とご心配な方も大丈夫です。
さらさらパウダーを基剤として、含んでいますので、塗り心地は良好です。
8×4ブランドだからこそ安心できる、スプレータイプではない8×4 ワキ汗EX クリームカプセルの使い勝手の良さを実感してみてください。

驚きの制汗力で汗を完全にシャットアウトするデトランスα

今まで、数多くのワキに関連するデオドラントを試してもワキの臭いが、改善されなかった方々にオススメするのが、このデトランスαです。
ワキのにおいの原因は、アポクリン汗腺から出た汗が、洋服に水分として付着し、雑菌が繁殖することでおこります。
つまり、従来品のように単なる「制汗」では、制汗力が弱く、結局汗をかいてしまい、雑菌が繁殖してしまうわけなのです。
このデトランスαはこの「制汗」のレベルが従来品の遥かに上のレベルです。
汗を完全にシャットアウトする、といってもよいでしょう。
その証拠に、このデトランスαを購入した方には共通した感想が聞かれました。
それは、「他の体の部分は汗がどんどん出ているのに、なぜかデトランスαを塗った部分からは汗がでないのです!」という多くのお声です。
これこそ、私達がお客様に、いただきたかった声です。

実は、この商品は、日本では未入荷の商品で、デンマークで開発されています。
欧米人は、日本人と異なり、ワキガ率は9割を超えます。
つまり、その欧米で開発されているからこそ、徹底的に、汗を抑えるという効果がとても強力に作られているわけなの
デトランスαの効果は以下のような過程を経て発揮されます。
まず、デトランスαが、アポクリン汗腺の中に入っていきます。
そして、汗の出口付近で、塊を形成し、汗の出口を塞ぎます。
すると、汗は出口が塞がっているため、ほとんど、汗として、外に出られなくなるわけです。
このような、過程を経るため、以下のような方法でご使用ください。
夜のお風呂の後に、デトランスαをぬっていただき、乾いたらパジャマを着て寝てください。
寝ている間はアポクリン汗腺の働きが鈍いため、デトランスαはアポクリン栓内部に入り込みやすく、塊を汗の出口で、朝までに形成します。
朝になったら、塗布部分をふき取って、お出かけください。
「大げさでしょう」といわれる方もいるかもしれませんが、「10日間においなし」というお声もいただいております。
従来品とは違う、強力な制汗力をぜひ、デトランスαで実感して、笑顔あふれる毎日をお過ごしください。